再体験症状で嫌な思い出

抜けたパズルピース

ptsdはストレスやショックな出来事が原因でかかってしまう病気で、現代の方はこの病気に掛かっている方が多くなっています。また、この病気には特徴的な症状があります。その一つが、再体験症状です。この症状は思い出したくないショッキングな出来事がふとした時に出てくるもので、心に大きな負担を与えてしまいます。例えば、性的被害を体験をされた女性は何気ない日常生活の中で、されたことを鮮明に思い出してしまいます。性的被害という、とてもショックな出来事を思い出すことで、仕事が手につかなくなりその出来事だけで頭が一杯になってしまいます。犯人の顔が頭に浮かんだり、行為を受けた現場を思い出したりなど、忘れたくても忘れられない記憶が急に現れてくるのです。このように、ptsdには再体験症状が現れるので、安心して日常生活を送る事が難しくなります。しかし、病院で的確な治療を受けることで、症状を改善することができます。病院での治療の際に被害内容などを話さなくてはなりませんが、嫌な思い出を口にすることで心に溜まったストレスを吐き出す事ができます。

ptsdは厄介な心の病気です。しかし、病院へ行くことで治療を行うことが可能となっています。また、最近ではメールで簡単に診察の予約を取ることが可能なので、時間が無い方でも予約を取ることが出来ます。もし、希望日に予約が取れなくても日程調整を行ってくれるので安心です。さらに、都心にはこのようなクリニックがたくさんあり駅の近くにあるクリニックも存在します。駅の近くにあることでアクセスし易いので、遠くまで出向く必要がありません。このように、クリニックは色々な場所に存在しているので、自分の行きやすいクリニックに行き、ptsdを治療すると良いでしょう。